医療費控除を活用しましょう

「医療費控除」とは、1年間にかかった医療費が10万円を超えると、一部の金額が戻ってくる制度です。

歯科治療の場合、自費診療になるセラミックスの被せ物、インプラント治療、高性能な入れ歯などは医療費が高額になり、医療費控除を申請すれば金額が戻ってくる可能性があります。

更に、医療費控除により翌年度の住民税も安くなることがあります。ぜひ医療費控除を活用しましょう。


医療費控除を受ける為には、医療にかかった支出を証明する書類、通院のために利用した交通機関の領収書(もしくは記録のメモでも可能)が必要になります。

医療費控除に関しての詳細は、国税庁のホームページをご覧下さい。

 

国税庁医療費控除のページ

国税庁 医療費を支払ったとき(医療費控除)


医療費控除とは

医療費控除は、自分や生計が一緒である家族(仕送りしている家族も含む)為、1年間(1月1日~12月31日)の間に10万以上の医療費を支払った場合に適用されます。医療費控除を受ける為には、確定申告で申告する必要があります。

税金をより多く払っているほど、還付金が多くなるため、夫婦共働きの場合には収入の多い方が申請するのがお勧めです。


医療費控除の対象

医療費子所の対象となるものとして、医療機関でかかった医療費に加え、薬局で支払った薬代、通院にかかった交通費(原則、公共医療機関)なども含まれます。


歯科治療で医療費控除の対象となるもの

・診療費、治療費

・保険適用外の治療費

・治療目的のセラミックス治療、インプラント治療など

・子供の矯正治療

・成人のかみ合わせ改善などが目的の矯正治療

・通院、付き添いにかかった交通費(バス、電車、やむをえない場合のタクシー)

・デンタルローンで支払った治療費

・歯科医院で処方された医薬品の費用


歯科治療で医療費控除の対象とならないもの

歯科治療でも予防や美容目的のものは医療費控除の対象となりません。

・美容目的の歯列矯正治療、ホワイトニング

・予防目的のクリーニング

・歯ブラシ、歯磨き粉などの歯科清掃器具

・デンタルローンの利子

・自家用車でのガソリン代、駐車場代