肝臓の機能

肝臓には、「栄養素の代謝」「有害な物質の解毒」「胆汁の合成・分泌」の3つの機能があります。

 

1.代謝機能

●糖質の代謝

体の機能が円滑に働くために欠かせないエネルギーの供給と、血液中の糖分の調整をします。

 

●たんぱく質の代謝

代表的なのはアルブミンと血液凝固因子です。アルブミンは血管から水が染み出すのを防ぎ、血管凝固因子は出血した血を固める働きがあります。

 

●糖質の代謝

コレステロールやリン脂質、中性脂肪を合成します。

 

2.解毒作用

アルコール・薬物・アンモニアなど体に有害な物質の分解、処理して無毒化します。

 

3.胆汁の合成

肝臓で処理された物質が胆汁として、いったん胆のうに蓄えられ十二指腸から分泌されます。また、胆汁は脂肪・ビタミンの吸収を助けます。

肝臓は「沈黙の臓器」と言われ、予備能力が大きく、多少の障害では症状が現れません。自覚症状が現れた時には、かなり進行していることが多いので、定期的に検査を受けることが大切です。

肝臓病について

肝臓病の80%はウイルス性肝炎です。

 

日本人の肝臓病の約80%は、肝炎ウイルスが関与しています。

ウイルス性肝炎は、ウイルスによってA型・B型・C型などがあります。

 

① A型肝炎

食事により感染する一過性の急性肝炎。慢性化はしませんが、重い劇症肝炎になる場合があります。

発症後6カ月以内に治ります。

 

② B型肝炎

輸血などで感染。成人後は一過性が多く、慢性化や劇症肝炎になる事もあります。母子感染の場合は、ウイルス保菌者となり、肝硬変、肝細胞がんに進行することがあります。

 

③ C型肝炎

輸血などで感染。大部分は慢性肝炎に移行します。慢性化すると肝硬変、肝細胞がんに進行する場合が少なくありません。

 

④ その他の肝臓障害

アルコールの飲むすぎによる「アルコール性肝炎」や薬や肥満が原因の肝障害があります。