親知らずについて

「親知らず」とは?

歯は、顎の骨に中の歯胚と呼ばれる歯の元から作られます。乳歯の歯胚は妊娠7週目頃からできはじめ、永久歯の歯胚は出生する頃からできはじめます。

 

乳歯は生後6ヵ月頃から生えはじめ、3歳頃までに上下各10本ずつの20本が生えそろいます。

永久歯は第一大臼歯と前歯が6歳頃から生えはじめ、12歳頃までに永久歯上下28本が生えそろいます。

その後早い人で14歳頃から、遅い人は20歳を過ぎてから「親知らず」は生えてきます。

他の永久歯と比べ、生えてくるのがとても遅く、多くの場合は親元を離れてから生え始め、親の知らないうちに生えてくると言うので「親知らず」と呼ばれています。

「親知らず」は歯列の一番奥の第三大臼歯の事を言います。

知恵がついてから生えると言うので、「知恵歯(ちえば)」・「智歯(ちし)」とも呼ばれます。

親知らずが正しく生えない理由

親知らずは、傾いて生えてたり、横向きに生えたり、歯の一部しか出てこないなど正常に生えなかったり、歯はあっても顎の骨の中に埋まったままで歯が生えてこなかったりします。

その原因はいくつかあると言われていますが、一番の原因は、現代人の食生活になると考えられます。

昔の人の食生活は硬いものが中心で顎の骨が発達し、親知らずが生えるスペースが十分にありました。

 

しかし、現代人の食事は柔らかい食品が多く、結果として顎の骨が十分に発達せず、顎が小さくなってきています。そのため、永久歯が全て生えそろうだけのスペースがなく、親知らずは正しい位置にきちんと生えないことが多いのです。

親知らずを放置しておくと

正常に生えていない親知らずを放置しておくと、様々な歯のトラブルを引き起こします。

① 親知らずの痛みや腫れ

「親知らず」を放っておくと、「下顎智歯周囲炎」と言う病気になりやすくなります。

 

② 歯並びをおかしくする

一般的に全ての歯は”ゴードンの法則”と言って、支えが無ければ口の先端方向に傾いたり、移動しようとします。歯列の最後の位置する「親知らず」が、正常に生えるスペースがない場合、常にすぐ前の第二大臼歯を圧迫し続けることになります。

これにより、歯列全体が押されるため、歯並びを悪くする原因の一つになります。

矯正治療をする場合、歯科医が歯並びを綺麗に保つため、正常に生えてこない親知らずの抜歯を勧めることがあります。

 

③ 歯根吸収

第二大臼歯の親知らず側の歯根は、埋もれた親知らずによって絶えず圧迫され、溶けて親知らずに吸収されることもありますので、その時は第二大臼歯も抜歯しなければならなくなることもあります。

 

④ 口臭の原因

口の中が不衛生になる為、細菌の温床となり、口臭の原因になります。

 

⑤ 顎関節症を招く

親知らずの異常な生え方により、歯並びがおかしくなり、そのために正しくない噛み合わせが習慣的になり、顎の関節に負担をかけてしまい顎関節症を招いてしまうことがあります。

下顎智歯周囲炎

親知らずが半分だけ頭を出した状態では、親知らずとその前方にある歯との間に食べカスなどがたまりやすく、食べたものを押し込む結果となり、歯を磨いただけではなかなか取れません。こういう状態では、食べカスが口の中の細菌によって腐敗し、周囲の組織に炎症を起こします。

この炎症が「下顎智歯周囲炎」です。

 

歯肉が親知らずにかぶさるようになっている場合も、親知らずと歯茎の間の食べかすがたまり炎症が起きやすくなります。

下顎の親知らずの周りの組織が炎症が広がりやすく、感染を放置しておくと周囲に広がっていきます。頬が腫れたり、顔全体が腫れあがるなどの症状や痛みが起き、ひどくなると、喉にまで炎症が広がり、食べ物が飲み込みにくくなります。

炎症が広がると、口が開かなくなったり、さらに炎症が進むと、発熱や悪寒などの症状が現れます。

 

症状等によっては入院が必要になる事もありますので、親知らずの炎症と簡単に考えず、腫れるようなことがあったらすぐに歯科医院等で診察を受けて下さい。

親知らずの治療法

【抜歯する場合】

① 親知らずが正常に生えていない時(傾いたりしている時)

② ひどい虫歯になっている時

神経(歯髄)も死んでいる可能性が高く、放置すれば歯の根の先に細菌が巣を作り、全身に感染が広がる事もある為

③ 歯周病になっている時

歯がグラグラ動く、歯石、歯茎が腫れているなどを放っておくと健康な歯まで悪化してしまうのを防ぐため抜歯します。

④ 虫歯や歯周病はさほどではないが、あまりにも口の奥の方に生えていて、歯磨きが出来ない時

⑤ しっかり生えておらず半分歯茎の中に埋まっていて、しばしその周囲に痛みが出るような時(急に痛んだり、腫れたりする)

抜歯後の注意点

・頻繁にうがいをしない

・歯を抜いたところを舌などで触ったりしない

・抜歯当日のアルコールの摂取、運動は避け、入浴は軽いシャワー程度にする

・麻酔が切れるまで食事はしない

・腫れても氷水や湿布などで冷やさない

・化膿止め(抗生剤)は歯科医師の指示通り、途中で辞めずに服用する

良い親知らずは大切に

良い状態の親知らずは、将来歯の移植やブリッジ、義歯の支えになるなど治療の役に立つ可能性があります。ブラッシングによって親知らずを清潔に保つことが重要です。