歯周病について

歯周病とは、糖尿病などと同様の生活習慣病であり、痛みが無く徐々に進行する慢性疾患です。原因は、歯の表面についたプラーク(歯垢)及び歯石です。

 

普段、ご自身の歯ブラシだけでは磨ききれないプラークが後に歯石となります。

プラークの99%は細菌と食べ物のカスです。

プラーク・歯石を放置しておくと、口臭の原因にもなります。

【歯周病治療について】

 

上の図は、健康な歯肉から歯周病になった歯肉の状態を表したものです。

この様な歯石は、歯科医院で歯科衛生士に定期的にとってもらうしかありません。

 

歯肉の下にある歯石(縁下歯石)は麻酔をして取らないと取れません。当院では、歯周病の進行した歯に対して、麻酔を行い、手用の器具で縁下歯石の除去を行っています。縁下歯石の除去をしっかり行わないと、見える部分のうわべだけの歯石を取っているにすぎず、歯周病はどんどん進行していきます。


【染め出しについて】

 

歯科衛生士が行う「染め出し」は、歯面についたプラーク(歯垢)や歯石を染め出すものです。

それぞれの患者様がどの程度磨けているかを確認するために重要なものです。普段しっかり磨けていると思っていても、実際に染め出すと磨けていない場所が沢山あります。是非、ご自身の目で確認して頂き、今後のブラッシングに活かしてください。

歯面についた歯垢の染め出しの様子

定期検診を受けましょう!

一度歯石を取り綺麗になった歯も、数カ月経つと元に戻ってしまいます。

そこで重要となるのが「定期健診」(メインテナンス)です。定期健診では、虫歯のチェックと歯石除去(クリーニング)を行います。

重要なのは、3カ月から半年に一度の定期健診です。年に数回歯科医院に通院し、いつも歯を健康な状態に保ちましょう。油断は禁物です!

定期健診を受けずに放置した歯のエックス線写真
定期検診を受けると常に健康な状態を保てる

歯周病治療は、一夜で完了するようなものではありません。歯科医師・歯科衛生士は歯の汚れや歯石を取り、歯ブラシ指導や説明を行いますが、一番重要なのは毎日の患者さんの歯ブラシがいかに適切に行われているかです

 

歯周病治療は一生続くものです

歯周病治療