緊急事態宣言解除を受けて

(2020年5月25日18時)

いつもお世話になっております。狭山フォレスト歯科 院長の森です。

 

4月上旬の日本政府による緊急事態宣言から1ヵ月半の長きにわたり、スタッフの半分を休業とした後、中村先生と数名のスタッフで急を要する歯科治療(自粛診療)を行ってきました。

この自粛診療の期間中にお電話くれた方や来院していただいた方から数々の激励を頂き、大変ありがたく、また勇気づけられ過ごしてまいりました。皆様の心遣い、本当にありがとうございました。

 

2020年5月25日に埼玉県における緊急事態宣言が正式に解除されましたので、当院では以下の方針で今後医院運営を行っていきます。

 

・歯科医師の行う治療(むし歯治療、被せ物、義歯、インプラント、抜歯等)については、十分な院内感染予防対策を行った上で通常に戻します。*当院が行う感染予防対策についてはこちら

 

・歯科医院の通院に不安がある方には、「歯科オンライン診療」を私が行います。

 *歯科オンライン診療については、こちら

 

なお、歯科衛生士が行う歯周病治療についてですが、27日のオンラインでの幹部会、29日のオンラインによる全体ミーティングでの話し合いで対応が決定されますのでもうしばらくお待ちください。

決定次第、こちらでアナウンスさせていただきます。

 

【以下、当院で今後行われる事柄についてです】

・事業の長期存続の為の診療時間の変更(私の過度な労働を避ける為に診療時間の短縮)

 *7月から診療時間が大きく変わります。

 

・感染予防対策の一環として、残念ながらキッズルームは完全に閉鎖させていただきます。

 

・感染予防対策の一環として、院内の内装工事を6月~7月にかけて行います。 

 

なお、当院は新型コロナウイルス感染拡大以前より完全予約制をとってきました。

今後も、急に来院されても診療いたしませんのでご了承ください。

狭山フォレスト歯科 院長 森 洋一