当院の滅菌・消毒対策

当院では日本歯科医師会において2017年3月に改定された「医療安全管理指針」において推奨されている滅菌・消毒対策を実施しています。

来院される患者さんの「お口に入るもの」全てに対してしっかりとした滅菌・消毒対策を講じています。

安心してご来院ください。

【患者ごとに使用した後に破棄】

・グローブ

・コップ

・患者用エプロン

・注射針

・ワッテ

・スリーウェイシリンジの先端部分

・排唾管

・口腔内エックス線撮影時のバイトブロック

・歯のクリーニングで使用するブラシ、カップ

・プラスティックの診療用器具

・根管治療時に使用する薬液(NC・EDTA)を根管内に入れる為のシリンジの先

【患者ごとに器具を高圧蒸気滅菌】
・金属の診療用器具全て

・バキュームチップ

・歯を削る為のバー

・根管治療用のリーマー、ファイル

・印象用寒天シリンジ

・口腔内エックス線撮影時のインジケーター

・切削用タービンハンドピース

・切削用コントラハンドピース

【使用後、お持ち帰りいただくもの】

・歯ブラシ

・歯間ブラシ

・タフトブラシ

【その他の滅菌・消毒対策】
診療台:各診療ごとに0.1%次亜塩素酸を噴霧消毒後、清拭。
無影灯、パネルなど医療従事者の接触部:滅菌シートを貼り、患者ごとに使用後破棄
口腔外バキューム:義歯などの切削の際使用。飛沫や切削片が飛び散るのを防ぐ。
診療時に使用するマウス、X線室のスイッチ部 :滅菌シートを貼り、患者ごとに使用後破棄
光照射器の口腔内に入る部分:スリーブを患者ごとに使用後破棄
口腔内カメラの先:スリーブを患者ごとに使用後破棄

その他、当院の滅菌消毒対策について不安な事がありましたら、診療時、歯科医師に気軽にお尋ね下さい。