虫歯の治療について

【虫歯を放置しておくと…】

初期の虫歯は自覚症状がなく進み見過ごされがちです。

甘いもので歯がしみる、暖かいもので歯が痛いなどの症状は、虫歯がかなり進行した状態です。出来るだけ、初期虫歯の段階で虫歯治療をすると治療も早期に終わります。進行した虫歯治療は、根の治療をするなど時間と回数のかかる処置になります。

【虫歯の進行度と主な治療】

虫歯の進行度CO

CO(要注意歯)

:経過観察、フッ素の塗布、フィッシャーシーラント

虫歯の進行度C1 エナメル質限局う蝕

C1(エナメル質限局う蝕)

:コンポジットレジンによる治療

虫歯の進行度C2 象牙質う蝕

C2(象牙質う蝕)

:コンポジットレジン、インレーなどの詰め物による治療

虫歯の進行度C3 歯髄に達するう蝕

C3(歯髄へ達するう蝕)

:根の治療。クラウンなどの被せ物。治療が長期にわたる。

虫歯の進行度C4 残根歯

C4(残根歯)

:抜歯


根の治療について

【根の治療(根管治療)とは】

初期の虫歯を放置すると、徐々に進行し、暖かいものにしみる・いつも痛いなどの症状が出てきます。この状態では、麻酔を必要とし、神経を取る治療(根の治療:根管治療)が必要になります。

 

根の治療を放置すると、口腔細菌が根を通じて顎骨に波及し、付け根から膿が出る、歯がぐらぐらするなどの症状があらわれます。

 

【根管治療の方法】

根管治療は大きく分けて、①「抜髄」と②「感染根管処置」の二種類に分かれます。

 

①「抜髄」について

・痛みの原因である歯の神経を取る治療

・基本的に必ず麻酔を使用する

・しっかりした防湿と治療をすれば、成功率は90%を超える

 

②「感染根管処置」について

・過去に抜髄治療を終えた歯の根の先に膿がたまり違和感や口内炎の様な膿の袋が出来る

・過去に被せたものを全て外しての処置が基本である。

・①抜髄とは違い、感染した根管を綺麗にするまで治療が続くので、期間は長期にわたる。

・成功率は根管治療の専門家でも70%程度

 

【根の形態について】

ひとえに、根の形態と言えども根の数と根管の数は同じでありません。

例えば上顎第一大臼歯は3根ですが、根管の数は4本である可能性が75%にものぼり、熟達した歯科医師でさえ見落としがちです。

大切なのは歯科医師の目で根管がしっかり「見える事」であり、マイクロスコープの重要性は益々高まっています。

 

【当院の根管治療で使用する器具・設備】

・麻酔

・ラバーダムセット

・ZOO(特殊な排唾管)

・電気的根管長測定器(EMR)

・ロータリーエンジン

・ロータリーファイル

・CWCT(Continuous Wave Condensation Technique)時に使用する器具

・マイクロスコープ

 

【根管治療で改善しない場合に当院で行われる可能性のある処置】

・歯根端切除術

・意図的再植術

*術前CT及び術中にマイクロスコープを使用します。

*根管治療術前に歯科医師から処置方法、術後の注意点、費用等についての説明があります。

*外科処置となりますので、予告無く上記治療が行われることはありません。

  

【当院で行っている根管治療】

当院では、希望される患者さんに対してはラバーダム防湿やZOO(排唾管)の使用を実施しています。また、院長が行う根管治療は、基本的に抜髄は1-2回、感染根管治療は1-4回で終了します。

 

他院にて長期間にわたり根管治療が終わらず悩んでいる方や短期間での根管治療終了をご希望される方は、悩まず当院までお問い合わせください。

根管治療のイメージ図

根管治療には経験と熟達が必要です。

より良い根管治療の為に、当院はユモトデンタルクリニック(根管治療専門歯科医院)と連携しています。

興味のある方は、当院歯科医師までお尋ねください。

 

ユモトデンタルクリニック(根管治療専門歯科医院)

住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-1-4 TS-114ビル 5F

*完全予約制、自費診療、歯科医院からの完全紹介制


詰め物・被せ物の種類について

詰め物は歯の欠損した部分を埋めるためのものであり、欠損の大きさに応じて様々な種類に分かれます。

コンポジットレジン修復のイメージ図

コンポジットレジン修復

 

対象となる治療進度:C1

【利点】

・直接修復なので、当日で治療が終了する

・色調再現性が良い

 

【欠点】

・歯との隙間ができやすい。大きな範囲の修復を無理にすると破折する

・数年後隙間に汚れが入り目立つ



メタルインレーのイメージ図

メタルインレー

 

対象となる治療進度:C1、C2

【利点】

・金属であるので、強い咬合力に耐えられる

 

【欠点】

・見た目が悪い

・間接修復なので、次回完成時までに感染のリスクがある

・接着剤を介在させるので、数年後脱離する

・歯との隙間から新たな虫歯になりやすい



メタルクラウンのイメージ図

メタルクラウン

 

対象となる治療進度:C2、C3

【利点】

・金属であるので、強い咬合力に耐えられる

 

【欠点】

・見た目が悪い

・エックス線で内部を確認できない



抜歯後に必要となる補綴処置

ブリッジのイメージ図

ブリッジ

【利点】

・ある程度の咬合力には耐えられる

 

【欠点】

・隣り合う歯を大幅に削る為、犠牲となる部分が多い

・歯と骨の間に介在する「歯根膜」の負担が増える為、長期予後が悪い

 

・エックス線撮影で内部の確認ができず二次虫歯の早期発見ができない



義歯

【利点】

・大きな欠損のある場合でも使用可能である

・隣り合う歯を大幅に削る必要がない

 

【欠点】

・残存する歯にワイヤーを引っ掛けて使用する

・前歯にワイヤーがかかる場合、外から見えてしまう

 

・定期的にワイヤーの緩みや内面の調整が必要となる

・天然歯に比べ30~50%の力でしか噛めない



歯周病について

歯周病とは、糖尿病などと同様の生活習慣病であり、痛みが無く徐々に進行する慢性疾患です。原因は、歯の表面についたプラーク(歯垢)及び歯石です。

 

普段、ご自身の歯ブラシだけでは磨ききれないプラークが後に歯石となります。

プラークの99%は細菌と食べ物のカスです。

プラーク・歯石を放置しておくと、口臭の原因にもなります。

【歯周病治療について】

 

上の図は、健康な歯肉から歯周病になった歯肉の状態を表したものです。

この様な歯石は、歯科医院で歯科衛生士に定期的にとってもらうしかありません。

 

歯肉の下にある歯石(縁下歯石)は麻酔をして取らないと取れません。当院では、歯周病の進行した歯に対して、麻酔を行い、手用の器具で縁下歯石の除去を行っています。縁下歯石の除去をしっかり行わないと、見える部分のうわべだけの歯石を取っているにすぎず、歯周病はどんどん進行していきます。


【染め出しについて】

 

歯科衛生士が行う「染め出し」は、歯面についたプラーク(歯垢)や歯石を染め出すものです。

それぞれの患者様がどの程度磨けているかを確認するために重要なものです。普段しっかり磨けていると思っていても、実際に染め出すと磨けていない場所が沢山あります。是非、ご自身の目で確認して頂き、今後のブラッシングに活かしてください。

歯面についた歯垢の染め出しの様子

定期検診を受けましょう!

一度歯石を取り綺麗になった歯も、数カ月経つと元に戻ってしまいます。

そこで重要となるのが「定期健診」(メインテナンス)です。定期健診では、虫歯のチェックと歯石除去(クリーニング)を行います。

重要なのは、3カ月から半年に一度の定期健診です。年に数回歯科医院に通院し、いつも歯を健康な状態に保ちましょう。油断は禁物です!

定期健診を受けずに放置した歯のエックス線写真
定期検診を受けると常に健康な状態を保てる

歯周病治療は、一夜で完了するようなものではありません。歯科医師・歯科衛生士は歯の汚れや歯石を取り、歯ブラシ指導や説明を行いますが、一番重要なのは毎日の患者さんの歯ブラシがいかに適切に行われているかです

 

歯周病治療は一生続くものです

歯周病治療