保険外義歯について

保険外義歯については以下の種類があります。

 

・ノンクラスプデンチャー

・金属床義歯

・ソフトデンチャー(軟性義歯)

 

それぞれの義歯について説明します。


ノンクラスプデンチャー

保険診療では義歯のワイヤーは金属です。

ワイヤーの位置によっては、笑うと見えるなど審美的に問題となります。

この欠点を補ったものがノンクラスプデンチャーです。

【ノンクラスプデンチャーの種類】

・アンカーアミド

・バルプラスト

・エステショット

ノンクラスプデンチャーの費用

歯の欠損数 費用(税込)
1~4歯の欠損 108,000円
5歯以上の欠損 216,000円

金属床義歯

保険の義歯は厚みがあり、口腔内での違和感や発音が難しい、破折しやすいなどの欠点があります。

この欠点を補ったものが、金属床義歯です。

金属床の材質 費用(税込)
コバルトクロム金属床  324,000円
チタン金属床 432,000円

ソフトデンチャー(軟性義歯)

義歯を入れる際に、歯肉や口蓋粘膜と接する部分が固いため、固いものを噛む際に痛みが出やすいなどの欠点があります。これを補ったものがソフトデンチャー(軟性義歯)です。

【現状の義歯に裏打ちする場合の費用】:108,000円

 

【新製した場合】

歯の欠損 費用(税込)
1~2歯の欠損 105,840円
3歯以上の欠損 375,840円
全ての歯が欠損 408,240円