審美歯科 ~セラミックスによる歯の治療

通常の保険との違いは着色性とその強度でしょう。

 

保険診療は、「噛める事」をメインに考えている為、義歯のバネや銀歯など皆さんが持つ審美要求に応えるには限界があります。なお自費診療は審美要求に応えることはできますが、高価である為、選択するのに躊躇することがあります。

 

普段から患者さんに説明する際に、いつも考えていることは「自分だったらどうするか」という事です。

 

歯科医師としての知識がある私が被せ物や詰め物を選択する際、考えるのは以下の点です。

 

 ① 出来る限り再治療の可能性が無い

 ② 綺麗なもの

 ③ それなりの強度がある

 ④ 腕の良い歯科医師が形成印象する

 ⑤ 腕の良い歯科技工士に作ってもらう。

 

上記、①については、合着材や形成による部分があり、④にも若干つながってきます。

④については、私が常に精進し続けるしかありません。

 

①と④がベストな状態であると仮定して、②、③、⑤の要求に応えうるものは「セラミックスによる治療」になります。

 

セラミックスによる診療と一言で言っても、実際には数種類あり、それぞれの特徴がある為、担当の先生に詳しく聞く必要があります。

 

以下、簡単な表を使い、それぞれの特徴を捉えてみましょう。

現在は、以下「切削量」と「金額」という一次元的な表しか完成していませんが、徐々に追加予定です。

また、当院ではセレックシステムが配備されている為、料金体系が更に複雑になっています。

 

セレックシステムでのセラミックスは、歯科技工士への外注した場合の値段から10,800円引いた額になります。

 

 

セラミックスインレー(詰め物)について

よく利用される健康保険適用のメタルインレーは強度は強いものの、銀色が目立ち、再び虫歯になってしまうなどの課題があります。

下図の様オールセラミックスタイプのインレー(詰め物)を利用する事で切削量をできる限り最小にし、見た目は白く、強度も強い歯にすることが可能です。

セラミックスクラウン(被せ物)について

よく利用される健康保険適用の「硬質レジン前装冠」や「全金属冠」は、強度が低いため折れたり磨耗する、目立つ、歯茎が黒ずむなどの課題があります。

また、保険適用で白い材料が使えるのは基本的には前から5番目の歯である小臼歯までであり、6番目以降の歯は全て金属になります。

特に、前歯を保険適用で治療した場合には、後々変色してかなり目立ってくることが多いので、見た目を気にされる方は前歯を下図のようなクラウンにされることをお勧めいたします。

さらに、保険外であれば前から6番目以降の歯に白い材料を使用することが可能です。