小児歯科

小児の歯科治療で大切なことは、お子さん、保護者、歯科医師の間の信頼関係の構築です。

信頼関係は一夜で築けるものではありません。

 

また、最初から歯科治療を怖がらずに出来る子はいません。

お子さんが歩んできた人生の中での経験や不安、また保護者の教育が大きく影響します。

 

良い信頼関係を築き、歯科医院での治療に慣れてもらう事で、徐々にお子さんが歯科治療を受ける勇気を持つことができます。

 

当医院では、抑制具などによる抑えつけを行う治療は行っていません。

時間はかかりますが、定期的に通院してもらい、歯科医院のスタッフや歯科医師の先生、歯科治療が怖いものばかりではない事を知ってもらい、将来的には「歯科医院に行きたい子」になってもらいます。

(全く良い話ではありませんが、「歯医者さんに行きたいから虫歯になりたい!」とまで言ってしまう程、当院に来るのが好きなお子さん達が沢山います)

 

【フッ素塗布】

生えたての乳歯・永久歯は虫歯になりやすい状態にあります。

フッ素塗布による虫歯の予防処置を行います。

*痛みは伴いません。

(対象年齢:1歳半~11歳)

 

【シーラント】

虫歯になりやすい奥歯の溝をプラスティックの樹脂で埋めることにより、虫歯の予防処置を行います。

 

シーラントの手順:

① 超音波器具を使用し、歯の溝の汚れをとります。

② 汚れを取った後に、溝に専用のお薬を入れ10秒後にお水で洗い流します。

③ 溝にシーラントを流し込み、光で硬化させます。

*歯を削るなどの、痛みを伴う治療ではありません。

(対象年齢:6歳~11歳)